スポンサードリンク

2007年02月12日

今日は、建国記念の日の振り替え休日です^^

「建国記念の日って?」って友達や、お子さんに質問されて
ちゃんと答えられますか?
ふと、そんなことを考えると…ちゃんと答えられない自分に
気が付いて、調べてみました f^^;

ウィキペディアで調べた結果は…
----------------------------------------------------
 「建国記念の日」とは、日本の国民の祝日の一つ。
 日付は2月11日。

 この日は記紀(きき)によると紀元前660年(660 BC)、
 「神武天皇」が即位したとされる日である。

 国民の祝日に関する法律(祝日法)第2条では、
 その趣旨を「建国をしのび、国を愛する心を養う」と
 規定している。

 1966年の祝日法改正により国民の祝日に加えられ、
 翌1967年2月11日から適用された。

 祝日法では、日付が定められている他の祝日と違い、
 「政令で定める日」と記載されており、
 建国記念の日となる日を定める政令(昭和41年政令第376号)
 によって日付が定められている。

 この日はかつて「紀元節」という祝日であったが、
 戦後になって紀元節の祝日化は廃止された。

 1951年頃から復活の動きが見られ、1957(昭和32)年2月13日、
 自民党の衆院議員らによる議員立法として国会に登場。

 しかし、当時野党第一党の日本社会党が、
 この「建国記念日」の復活を、保守反動の最たるものとして
 大反対した。

 その後、1957年以降9回の議案提出・廃案を経て、名称を
 「建国記念の日」とすることで社会党も反対理由を失い
 妥協、1966年6月に、日付を「政令で定める」として
 国民の祝日に追加された。

 日付の選定については、総理府に学識経験者等からなる
 建国記念日審議会が時限的に設置され、審議の結果、
 委員10人中7人の賛成により、「2月11日が相応」との答申が
 1966年12月8日に提出され、翌12月9日に
 「建国記念の日となる日を定める政令」が公布・即日施行
 された。

 建国「記念日」ではなく「記念の日」なのは、史実に基づく
 建国の日とは関係なく、建国されたという事象そのものを
 記念する日であるという考えによるものである。

 ※余談だが、この「2月11日」という日付は、
 「神武天皇元年(紀元前660年)1月1日」を、当時の歴史家が
 誤ってグレゴリウス暦で算出してしまったために弾き出された
 日付であり、「1582年10月4日以前はユリウス暦で算出する」
 という正しい方法で計算した場合、神武天皇元年1月1日は
 「2月18日」となる。

 つまり、正しい計算による建国記念の日は「2月18日」
 ということになる。
----------------------------------------------------

…だそうです。
正しい計算だと、来週が祝日のはず…なんですね^^;

今日もいい天気です^^ いい休日を過ごしましょう^^
posted by tonchan at 08:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 豆情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33491795
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。